タクシードライバーになろう|快適な旅を提供

男女
  1. ホーム
  2. タクシー運転手

タクシー運転手

タクシー

ドライバーになる条件

タクシー会社でドライバーとして働きたいのならばまずは募集条件にクリアしているかどうかをチェックしてください。第一種運転免許を所持している人ならば応募できることがほとんどです。健康な体であれば高齢でも採用される可能性もあります。乗客を乗せるためには第二種運転免許が必要なのですが、会社が負担してくれる場合もありますから、応募前にとる必要もありません。もちろんタクシー会社によってルールが違いますから、第二種運転免許費用が実費な場合もあります。応募前に確認しておきましょう。タクシー会社を選ぶポイントとしては働き方やお給料のシステムです。お給料の体制としては法人の場合は固定給+歩合のところがほとんどです。地域によってタクシーを利用する人の数も異なりますから、働く場所によってお給料が変わると考えて良いでしょう。都心ではタクシーを利用する人が多いので歩合によって高収入も期待できます。タクシー会社の求人は中高年や定年を迎えた人にも需要があります。年金受給者でも働ける会社もありますから第二の就職先としても人気なのです。また、タクシードライバーとして一定の経験を経ていて条件をクリアしていれば個人タクシーとして開業することも可能です。個人タクシーは歩合制ではなく売り上げが完全に自分の利益になるので収入アップにも繋がるでしょう。タクシードライバーと言えども、働き方や能力次第でお給料に差が出るので、頑張り次第では高収入も可能です。